×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページではANAカードでマイルを貯める方法についてご紹介しています。
陸マイラーのマイルの貯め方「マイレージ塾」
 
▼マイレージの基礎
▼マイルを貯める裏技
▼マイレージカードの比較
▼JAL(日本航空)
▼ANA(全日空)
▼NWA(ノースウエスト航空)
▼UA(ユナイテッド航空)
▼一般プロパークレジットカード
▼航空会社提携クレジットカード


ANAカードでマイルを貯める

ANAカード 比較最新情報

ANAカードとは?

ANAカードは、ANAマイレージクラブのカードにクレジットカードの機能が付いたカードです。通常のANAマイレージクラブカードは入会金や年会費は無料ですが、ANAカードは年会費(2,100円〜21,000円)がかかります。年会費がかかるだけあって付加価値は高く、ANAマイレージクラブの会員よりも多くのサービスが受けられます。

マイルはそのまま移行できる

現在ANAマイレージクラブ会員の方がANAカードの会員になった時に、今まで貯めたマイルはどうなるのかというと、当然のことながらANAカードに移行されます。ANAカード入会手続きの際にANAマイレージクラブ会員番号を記入すれば自動的にマイルは移行されます。

クレジットカードの利用でマイルが貯まる

ANAカードの最大の特徴は、クレジットカードとして利用した額に応じてマイルが貯まることです。買い物や各種料金の支払いなど、クレジットカードで支払いのできる料金であればマイルが貯まります。電気代やガス代、電話代などの毎月必ず出費するお金をクレジットカード払いにするだけで、マイルが貯まっていきます。貯まるマイルは、利用料金100円につき1〜2マイルです。

マイレージが2倍貯まる「ショッピングアルファ」

ANAカード会員だけの特典に「ショッピングアルファ」という制度があります。「ショッピングアルファ」の対象店舗でANAカードを使って支払いをするとマイルが2倍獲得できます。ショッピングアルファ対象店舗を確認の上、上手に利用してマイルを貯めましょう。

うれしい入会ボーナスマイル

ANAカード会員だけの特典として、入会ボーナスマイルと飛ぶたびのボーナスマイルがあります。入会ボーナスマイルは、入会するだけで2,000マイル(普通カードは1,000マイル)がもらえます。さらに、翌年度以降もカードの契約を継続すると、継続のたびに2,000マイル(普通カードは1,000マイル)がもらえます。

さらにうれしいマイル加算が

上記のボーナスマイルは、入会時と毎年初めての搭乗の時だけのボーナスですが、飛行機に乗るときにいつももらえるボーナスマイルもあります。普通カードで区間フライトマイルの10%、ワイドカード、ゴールドカード、ダイナースカードでは25%のマイルが加算されます。これらのボーナスマイルだけでも、入会金の元はとったと考えて良いと思います。

ANA・JCBカードならポイントサイトでマイルを稼げる

ANA・JCBカード特有の裏技として、「CMサイト」と「VOICE PORT(ボイスポート)」という2つのポイントサイトのポイントをかなりの高レートでマイルに移行できます。これらのサイトは無料で会員登録でき、ポイントを貯めるのももちろん無料です。詳しくは「CMサイト」と「VOICE PORT(ボイスポート)」で貯めるページで紹介していますのでご覧下さい。

JCBトラベルではマイルが7倍貯まる(ANA・JCBゴールドカード)

JCBトラベルで申し込んだパッケージツアーをANA・JCBゴールドカードで支払うと、ポイントが7倍貯まるため100円=7マイルの超高還元率になります。ANA・VISAカードしか持っていない方も、旅行の時だけはANA・JCBゴールドカードで支払いをするとお得になるかもしれません。


楽天スーパーポイントで貯める≪トップページ≫「CMサイト」と「mpack」で貯める


Copyright© 2006 マイレージ塾. All rights reserved.