×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページでは、Edy(エディ)でANAのマイルを貯める方法についてご紹介しています。
陸マイラーのマイルの貯め方「マイレージ塾」
 
▼マイレージの基礎
▼マイルを貯める裏技
▼マイレージカードの比較
▼JAL(日本航空)
▼ANA(全日空)
▼NWA(ノースウエスト航空)
▼UA(ユナイテッド航空)
▼一般プロパークレジットカード
▼航空会社提携クレジットカード


Edy(エディ)でマイルを貯める(ANA)

Edy(エディ)とは?

Edy(エディ)とは、お店にある専用の端末に軽くタッチするだけで支払いができる、簡単・便利なプリペイド型の電子マネーです。自分の財布にお金を入れる感覚で繰り返し、何度でもチャージ(入金)できるので、使いすぎることもなく安心して利用できます。Edy(エディ)が利用できるお店は全国に拡大しています。主なものでは、コンビニエンスストアのローソンやファミリーマート、am/pmやサークルK・サンクス、ドラッグストアのマツモトキヨシなどです。Edy(エディ)が利用できるお店はこちらでご確認下さい。

Edy(エディ)の利用 200円=1マイル

Edy機能付きのANAマイレージクラブの会員カードや、おサイフケータイでのお支払いで200円につき1マイルが貯まります。貯まったマイルは、特典との交換も可能ですし、10,000マイルを10,000円分のEdy(エディ)に交換することも可能です。交換した10,000円分のEdy(エディ)を使用すると、再び200円で1マイルが貯まるので大変お得です。

Edy(エディ)とクレジットカード(ANAカード)を使い分ける

Edy(エディ)の機能は、クレジットカードのANAカードにも付けることができます。「クレジットカードの使いすぎが気になるので入会しようかどうか迷っている・・・」と言う人には、Edy(エディ)機能付きのANAカードがお勧めです。公共料金などの無駄遣いの心配がない部分についてはANAカードで支払い、ショッピングはEdy機能を使えば余計なものを買い過ぎて支払いに困る、ということはなくなりますよね。2004年4月からANAカードの全ブランドに電子マネー<Edy>機能が搭載されています。

Edy(エディ)はクレジットカードからもチャージできる

Edy(エディ)はお店でもチャージできますが、クレジットカードからチャージした方がお得です。クレジットカードでチャージすると、チャージした分の利用にもクレジットカード会社のポイント(マイル)が加算されるため、クレジットカードでチャージしたEdy(エディ)を使えば、ポイント(マイル)の二重取りが可能です。ただし、Edy(エディ)チャージに対してもポイント(マイル)が加算されるクレジットカードは限られています。詳しくは「税金をクレジットカードで支払う裏技」のページでご確認下さい。

Edy(エディ)を使えば税金もクレジットカードで支払いができる

何かと便利なEdy(エディ)ですが、税金も支払うことができます。クレジットカードでチャージしたEdy(エディ)を使って、コンビニで支払いをします。すると、クレジットカードで間接的に税金や年金、保険料などを支払うことができちゃうんです。チャージできるクレジットカードやEdy(エディ)の使えるコンビニなどは、「税金をクレジットカードで支払う裏技」のページに詳しく書いていますのでご確認下さい。

Edyを使えばクレジットカードの支払いもクレジットカードでできる!?

EdyとEdyにチャージできるカードをうまく使えば、クレジットカードの支払いをクレジットカードで行うことも可能になります。詳しくはこちらの「マイルを二重取りする裏技」のページをご覧下さい。

ホテルでマイルを貯める≪トップページ≫食事でマイルを貯める


Copyright© 2006 マイレージ塾. All rights reserved.