×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページでは証券会社で株の取り引きをしてANAのマイルを貯める方法について解説しています。
陸マイラーのマイルの貯め方「マイレージ塾」
 
▼マイレージの基礎
▼マイルを貯める裏技
▼マイレージカードの比較
▼JAL(日本航空)
▼ANA(全日空)
▼NWA(ノースウエスト航空)
▼UA(ユナイテッド航空)
▼一般プロパークレジットカード
▼航空会社提携クレジットカード


株取引(証券会社)でANAのマイルを貯める

証券会社での株取引でANAのマイルが貯まる

以前は株取引というと、お金持ちの人がやっているものという印象がありましたが、最近では自宅のパソコンでも気軽に株の売買ができるようになり、ずいぶんと身近な存在になりました。「デイトレーダー」なんていう言葉も一般的になっているようです。株の取り引きをしている人の最大の目的は「お金(現金)を儲ける」ことだと思いますが、取り引きする証券会社を「陸マイラー」の目線からしっかり選べば、「お金(現金)とマイルを同時に儲ける」ことも可能になります。

取引手数料がマイルに換えられる

株の売買をするには、証券会社に対して取引手数料を支払う必要がありますが、その手数料さえもマイルに換えることができます。各証券会社で口座開設や株式取引、投資信託取引等をすると、証券会社独自のポイントが貯まっていきますので、そのポイントをANAのマイルに移行します。2007年1月現在でANAと提携している証券会社は「マネックス証券」と「大和証券」の2社です。

マネックス証券

「マネックス証券株式会社」に口座(無料お試し口座は除く)を開設し、株の取り引きなどをすると「マネックスポイント」が貯まっていきます。貯まったマネックスポイントは、ANAのマイルに移行できます。マイル換算率は0.8マネックスポイント=1マイルになっており、400マネックスポイント(500マイル)ごとに移行できます。株式売買手数料の場合、手数料500円に対して1マネックスポイントが付与されますので、100円に直すと0.2マネックスポイントになります。100円毎のマイル換算率に直すと、100円=0.25マイルになります。

大和証券

「ダイワの証券総合サービス Port One(ポート・ワン)」に加入し、株式の売買などの取り引きを行うと交換ポイントが貯まります。貯まったポイントは1,000ポイント(500マイル)以上1,000ポイント単位でANAのマイルに交換できます。移行は2ポイント=1マイルに設定されています。

銀行取引でマイルを貯める≪トップページ≫楽天スーパーポイントでマイルを貯める



Copyright© 2006 マイレージ塾. All rights reserved.