×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページではJALのマイルについて解説しています。
陸マイラーのマイルの貯め方「マイレージ塾」
 
▼マイレージの基礎
▼マイルを貯める裏技
▼マイレージカードの比較
▼JAL(日本航空)
▼ANA(全日空)
▼NWA(ノースウエスト航空)
▼UA(ユナイテッド航空)
▼一般プロパークレジットカード
▼航空会社提携クレジットカード


JALのマイルについて

JALのマイレージの特徴

最近不祥事の多いJALですが、それでも旅客数の数では日本No.1の航空会社であることには変わりはありません。大企業にふさわしく、提携・協力企業の数は多く、かなりマイルは貯めやすいのではないかと思います。特に、後ほど説明するJALカードでマイルを貯めれば、無料航空券分くらいのマイルは結構簡単に貯まります。

JALの魅力は提携企業の多さ

数年前、JALとJASが合併して、今ではその弊害ばかりがメディアに取り上げられがちですが、サービスに関しては規模を活かした戦略で利用者にも魅力的です。私たちがJALと提携している企業で食事や宿泊、ショッピングなどをするだけでJALのマイルがたまります。提携企業が多いということは、我々の選択肢も広がるので大きなメリットとなります。JALの提携企業だけで生活することも不可能ではありません。それだけJALとの提携企業は多いのです。

マイルのキャンペーンも充実

JALはマイルに関するキャンペーンをよく行います。例えば、「マイルが2倍キャンペーン」などがそうです。期間中に飛行機に乗ると通常の倍のマイレージが貯まります。それ以外にも、クラスJの搭乗でマイルがいつもより多めに加算されたり、ICチェックインやチケットレスサービスの利用でマイレージがもらえたりします。1年中なにかのマイルキャンペーンが行われていますので、ホームページやメールマガジンでチェックはかかさないようにしましょう。

マイルが一番貯まるのはJALカード

このようにマイルが貯まりやすいJALですが、一番マイルが貯まるのは、クレジットカード機能付きのJALカードに入会することでしょう。JALカードの特徴は別のページで詳しく解説しますが、一つ言えることは「とにかく貯まる」ということです。年会費の分は、1ヵ月もしないうちに獲得マイルで取り返せるでしょう。家族のマイルを合算できるのも、JALカードだけの特典です。

ANAカードとJALカードの比較≪トップページ≫フライトでマイルを貯める



Copyright© 2006 マイレージ塾. All rights reserved.