×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページでは証券会社で株の取り引きをしてJALのマイルを貯める方法について解説しています。
陸マイラーのマイルの貯め方「マイレージ塾」
 
▼マイレージの基礎
▼マイルを貯める裏技
▼マイレージカードの比較
▼JAL(日本航空)
▼ANA(全日空)
▼NWA(ノースウエスト航空)
▼UA(ユナイテッド航空)
▼一般プロパークレジットカード
▼航空会社提携クレジットカード


株取引(証券会社)でJALのマイルを貯める

株取引でJALのマイルを貯める

最近では証券会社での株取引でもマイルがためられる世の中になりました。自宅のパソコンでも気軽に株の売買ができるようになり、株取引自体が「金持ちの道楽」から「庶民の小遣い稼ぎ」へと変貌を遂げたことも大きな要因かもしれません。「デイトレーダー」なんていう言葉も一般的になっているようです。証券会社をうまく使って株を取り引きすれば、「お金」だけでなく「マイル」も同時に貯めることが可能になります。

取引手数料もマイルになる

株の売買をするには、証券会社に対して取引手数料を支払う必要があります。株をやる人にとっては捨て金以外の何者でもありませんが、その手数料もマイルに換えることができます。各証券会社で口座開設や株式取引、投資信託取引等をすると、証券会社独自のポイントが貯まっていきますので、そのポイントをJALのマイルに移行します。2007年3月現在でJALと提携している証券会社は「イー・トレード証券」、「楽天証券」、「野村證券」の3社です。

イー・トレード証券

業界屈指の格安手数料と充実のサービスで、オンライン専業証券No.1の口座数を誇るのがイー・トレード証券。株式の取引実績などに応じて加算される「E*トレードポイント」をマイルに移行することができます。移行レートはE*トレードポイント30ポイント=10マイルで、マイルへの移行は、900E*トレードポイント(300マイル)以上、30E*トレードポイント(10マイル)単位となります。国内株式委託手数料の場合、税込105円に対して 1ポイント付きますので、実質マイル換算率は100円=0.3マイルということになります。

楽天証券

楽天証券は、楽天株式会社と三井住友銀行が出資するオンライントレード専門の証券会社です。株式の取引手数料100円につき1楽天証券ポイントが貯まるほか、友達を楽天証券に紹介すると楽天証券ポイントをゲットできます(条件あり)。貯まった楽天証券ポイントは楽天スーパーポイントやJALのマイルに移行できます。JALのマイルへの移行は、35楽天証券ポイント=10JALマイルです。最低移行ポイントも35ポイントなので、結構すぐにクリアーできます。また、口座開設手数料や口座維持管理手数料は無料ですので、あまり株の売買を頻繁に行わない人でも出費は少なくて済みますね。

野村証券

証券会社の最大手野村證券での取り引きでもマイル獲得できます。野村ホームトレードに加入し、野村ポイントの利用登録をします。「野村ホームトレード」または「野村テレフォンアンサー」からの注文で成立した以下の取り引きがマイル積算の対象となります。

  • 株式・株式ミニ投資の売買手数料(スイッチング売買も含む) 5,250円(税込)=50マイル
  • 株式投資信託の売買手数料(スイッチング売買も含む) 1,050円(税込)=10マイル
  • 外貨MMFの邦貨精算金額(スイッチング売買も含む) 50万円=10マイル

Pちょコムでマイルを貯める≪トップページ≫JALカードでマイルを貯める



Copyright© 2006 マイレージ塾. All rights reserved.