×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページではマイルを二重取りする裏技を紹介しています。
陸マイラーのマイルの貯め方「マイレージ塾」
 
▼マイレージの基礎
▼マイルを貯める裏技
▼マイレージカードの比較
▼JAL(日本航空)
▼ANA(全日空)
▼NWA(ノースウエスト航空)
▼UA(ユナイテッド航空)
▼一般プロパークレジットカード
▼航空会社提携クレジットカード


マイルを二重取りする裏技

残念ながら裏技は不可能に

このページで紹介している裏技については、「各種料金の収納代行支払いをEdyでできる」ことが必須条件でしたが、ビットワレット社の方針転換により収納代行支払いについてはEdy支払いが中止(廃止)されることになりました。よって、このページで記載している裏技は実行不可能になりましたので、参考までにご覧下さい。

(2008年4月1日 管理人)

【参考】ビットワレット社ホームページより


「コンビニエンスストアでの払込票(収納代行)を用いた「Edy」での支払いの中止について」

2008年4月1日より順次、コンビニエンスストアでの払込票(収納代行)を用いた「Edy」での支払いを中止させていただきます。取扱中止日は各取扱加盟店によって異なります。詳細につきましては下記をご確認ください。お客様におかれましては、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

クレジットカードの支払いをクレジットカードで行う

クレジットカードの支払いってほとんどの場合、銀行引き落としになっていますよね。でもマイルのことを勉強した陸マイラーなら誰しもこんなことを考えるはずです。

「クレジットカードの支払いをクレジットカードでできればいいのに・・・。」

これができればいわゆる「永久機関」として、毎月限度額いっぱいまで架空のクレジットカード利用でマイルが貯められます。しかし、クレジットカード会社も馬鹿ではありませんのでそんなことはできません。その他の「永久機関」と言われる裏技も、カード会社の規約改正によって次々と葬り去られている状況です。しかし、電子マネー「Edy(エディ)」の存在によって、間接的にではありますが「クレジットカードの支払いをクレジットカードで行う」ことができる裏技が存在します。その裏技をこれからご紹介します。

裏技の流れ

Edyを使って「クレジットカードの支払いをクレジットカードで行う」裏技の流れは以下のとおりです。この裏技は、クレジットカードの支払いを、別のクレジットカードでチャージしたEdy(エディ)で支払うことによって、間接的に「クレジットカードの支払いをクレジットカードで行う」ことを成立させます。

  1. クレジットカード@を使う
  2. クレジットカード@の請求書が家に届く
  3. 別のクレジットカードAでパソリ(PaSoRi)を使ってEdy(エディ)にチャージする
  4. クレジットカード@の請求書とチャージしたEdy(エディ)を持ってコンビニに行く
  5. クレジットカード@の代金をチャージしたEdy(エディ)で支払う
  6. クレジットカードAの代金は銀行引き落としで支払い

以上の様な流れでクレジットカード@のポイント(マイル)とクレジットカードAのポイント(マイル)を二重にゲットすることができるわけです。コンビニでの収納代行でのEdy利用額にはマイルが加算されませんので、三重にゲットはできませんが、Edyへのチャージ分に加算されるポイント(マイル)には影響がありません。そもそもチャージした段階では、その後に収納代行に使うのかどうかも確定していませんから・・・。ただし、この裏技を成立させるにはいくつかの条件があります。その条件を確認しておきたいと思います。

  1. クレジットカード@がコンビニ支払い(収納代行)が可能であること
  2. クレジットカードAがEdy(エディ)にチャージ可能であり、さらにEdy(エディ)チャージ分にもポイント(マイル)が加算されること
  3. 近くにEdy(エディ)が使えるコンビニが存在すること(月に1回通える程度の距離に)
  4. そのコンビニは収納代行に関してもEdy(エディ)で支払いが可能なこと

では、これらの条件に合うクレジットカードやコンビニを見ていきたいと思います。

Edy(エディ)でクレジットカードの支払いが可能なコンビニ

ではまず、Edy(エディ)でクレジットカードの支払いが可能なコンビニを確認してみたいと思います。条件に合うコンビニは以下のとおりです。

【am/pm】 【サークルK・サンクス】 【ファミリーマート】
【ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイト】

ファミリーマートは1回の支払いに2枚まで(最高10万円分)しかEdyカードを使えません。その他のコンビニでは5枚まで(最高25万円分)使用可能です。お店に着いたら請求書をレジに出し、「Edyで支払いします」と言えば対応してくれます。支払いが完了したら、収納印をもらった控えは大事に取っておきましょうね。

コンビニ支払いが可能なクレジットカード

次に、コンビニ支払い(収納代行)が可能なクレジットカードについて見てみます。もちろん、コンビニでの支払いが可能な上に、マイルが貯まるクレジットカードであることが前提です。このような条件を満たすクレジットカードは以下のとおりです。

【JALのマイルが貯まるカード】  KARUWAZA CARD

KARUWAZAカードはコンビニ払いを指定できます。カードの利用料金をコンビニ払いにする際に注意したいのが「手数料」です。1回の支払金額に応じて、以下のようにコンビニに手数料を徴収されますのでご注意を。

        1円〜9,999円→63円
        10,000円〜29,999円→105円
        30,000円〜→315円

多少の手数料がかかりますが、マイルが二重にゲットできるのはおいしいと思います。では、続いてEdyにチャージが可能でチャージした分にもポイント(マイル)が加算されるクレジットカードを見てみたいと思います。

Edyにチャージが可能でチャージした分にもマイルが加算されるクレジットカード

次に、Edyにチャージが可能でチャージした分にもポイント(マイル)が加算されるクレジットカードについてです。ここで紹介するカードを使ってチャージしたEdyで、KARUWAZA(カルワザ)カードの支払いをすれば裏技は完成します。条件を満たすクレジットカードには以下のようなカードがあります。

<ANAのマイルが貯まるカード>  ライフカード

<JALのマイルが貯まるカード>  JALカード(DC)  NICOSカード  UFJカード

オリコカードや楽天カード、ANA・JCBカードや三井住友VISAカードなども以前はEdyのチャージにポイントを付けていましたが、規約の改正によりポイントが付かなくなりました。今後もEdyについてのルールは変わっていくことが予想されますので、常に最新情報を確認して下さい。(掲載情報は2008年4月現在です。)

最後にパソリ(PaSoRi)を準備しましょう

裏技に使用できるクレジットカードが分かったので、最後にパソリ(PaSoRi)を準備しましょう。パソリ(PaSoRi)とは、パソコンを使ってクレジットカードからEdyカードにチャージするためのツールです。パソリ(PaSoRi)でクレジットカードからEdyカードにチャージするには、事前にクレジットカードを登録しておく必要があります。クレジットカードの登録はパソコンで簡単にできます。2日くらいあれば完了したと思います。クレジットカードとEdyカードは、同じカードでも別のカードでも構いません。パソリ(PaSoRi)はamazonや楽天市場、ソニースタイルなどで3,000円前後で購入できます。


税金をカードで支払う裏技≪トップページ≫カードの入会特典でマイルを貯める



Copyright© 2006 マイレージ塾. All rights reserved.